【トレンド探偵団】

世の中のありとあらゆるトレンドを追いかける探求ブログです。

仙台育英蹴りした選手名前は?渡部夏史ラフプレー動画あり大阪桐蔭戦ラフプレー

スポンサーリンク

仙台育英蹴りした選手名前は?渡部夏史ラフプレー動画あり大阪桐蔭戦ラフプレー

 

今年で99回目の夏の高校野球ですが仙台育英高校の渡部夏史選手のラフプレーで大騒ぎになっています。しかも、スポーツ紙が二度と起きないようにと書いているほど重大な事件になっています。今回は動画もあるのでぜひご覧ください。

 

かなり故意に見えますね。しっかり検証したいと思います。

 

 

 

 

1、渡部夏史選手(捕手)とは?

 

渡部夏史(わたべなつひと)
仙台育英学園秀光中学校
出身

ポジション:捕手

 

 

2、渡部夏史選手ラフプレー動画検証(大阪桐蔭戦)

 

 

まずは大阪桐蔭戦です。

 

後ろ姿からはなぜか、全力疾走なのにベースに近づくに連れて大股になってサッカーボールをけるときにように蹴った方の脚と腕が水平になっています。

 

確実に一番下にあるものを思いっきり蹴るやり方ですね。

 

 

3、渡部夏史選手ラフプレー動画検証(日本文理戦)

 動画へのリンク

 

コチラも確実に地面をはうようにして蹴っていますね。

勝ちたいのはわかりますが、コレはまずいでしょうね。

 

 

 

4、本人のコメント

 

渡部夏史選手本人のコメントは「必死にセーフになろうと思って走り、体のバランスを崩して足が当たってしまった。決して故意ではありません」 と発言しています。

 

しかし、2試合で起こっていますし、明らかに自己保身のみのコメントですね。

 

 

 

5、ネットの声

 

 

真実を知らないくせに「故意ではない」と断言するのはやめましょう。映像は永遠に残るので映像を見たひと個人が判断すればよいと思います。私は故意だと思います。もう一度映像を貼っておきますね。

皆さん渡部くんを許してやって下さい。彼は高校球児ではなく、サッカー選手なのです。足が出るのも当然です...

ほんとにかわいそう。 わざわざ、アカウントまで作って叩く必要ありますか? 蹴ろうと思って蹴った訳じゃないんだし、その場の人間じゃないんだから勝手に判断するなって思う。。 いい加減にしろ。

悲報!ミハイロビッチを彷彿させる蹴りを披露した渡部夏史の一件により、嘉手苅退学問題も本格的に操作開始。未来ある1年生の退学を不自然に考えた高野連。甲子園終了後に話を聞くとの事。虐めを受けていた1年生。今まで隠されていた事実が遂に浮き彫りに。

走塁中に相手一塁手の足を蹴ってしまった仙台育英(宮城)の渡部夏史捕手(3年) 高校野球だと未成年なのに実名が永遠に残って大変だな。

 

 

さいごに

 

 

大阪桐蔭戦ですが、9回大事な場面で大阪桐蔭1塁手が塁に足がついておらずセーフになっており、渡部夏史選手の足蹴りを恐れてわざと塁から脚を離していたようです。

彼のラフプレーがなければ大阪桐蔭の勝ちだったのでしょうね。やりきれない気持ちでいっぱいだと思います。

 

高野連は新しいルールを作るべきだとの声も多いですね。

スポンサーリンク