【トレンド探偵団】

世の中のありとあらゆるトレンドを追いかける探求ブログです。

安枝瞳の出身高校大学は?父親や母親は?昔の赤裸々インタビュー記事あり!

スポンサーリンク

ピコ太郎さん(古坂大魔王さん)とご結婚された安枝瞳さん本当におめでとうございます!みんなが気になる安枝瞳さんのことをいろいろ調べました!

 

1父親と母親は?

 

お母様は10歳の時に他界されていてお父様と1つ年下の妹さんと暮らしてこられたようです。

 

2011年より活動を関東に移しているため家族とは別々の暮らしをしているようですね。

 

流石に一般人なのでお父様のお名前は出てきませんでした。

 

 

2、出身の高校と大学は?

 

残念ながら非公開です。

しかし、高校時代はヤンキーで恋愛よりだんじり祭りに夢中だったようです。

スゴイワイルドな子なんですね。

 

また、大学は進学しておらず、高校卒業後はエステの会社に就職したようです。

 

しかもその会社潰れちゃったみたいですね。

 

 

3、過去の取材記事

 

スポーツ報知の結婚記事です!

 

PPAPでブレイクしたピコ太郎の“プロデューサー”ことタレント・古坂大魔王(44)が、タレントの安枝瞳(29)と結婚したことが3日、分かった。

 

約4年の交際を経て、妻のニックネームという「やっさん(8・3)」にちなみ、この日に婚姻届を提出。古坂は「まさか、この文面を書く日が来るとは思わず44年…そう、あのランディ・バース(元阪神)の背番号の歳になり」

 

と自身の結婚に驚きの心境。ピコ太郎は「仲良しで私と(妻の)多味(たみ)のよう」と祝福コメントを寄せた。

 

 昨年に“発掘”したピコ太郎は世界的人気アーティストとなった。古坂は91年にお笑いトリオ「底ぬけAIR―LINE」の一員として芸能界入りしたが、不遇の時代は長かった。

 

安枝とは、番組共演をきっかけに13年5月から交際をスタート。「しゃべったり、話したり、トークしていて、彼女の優しさと、真面目さと、切なさと、心強さとに惹かれた」と売れない時期も支えてくれた新妻に感謝した。

 

 結婚を記念して、ピコ太郎が14年に病院のトイレで出会ったという妻・多味さん(78)も初公開された。

 

以前、ピコ太郎は妻について「ピラニア似で、歯が出ている」などとしていたが、古坂とピコ太郎同様、多味さんも安枝と“そっくり”。

 

安枝は「笑いの絶えない、ピコ太郎さんと多味さんのようなにぎやかな家庭をつくっていけたら」と新婚生活への思いを明かした。安枝は妊娠しておらず、芸能活動は続けていく。挙式について、古坂は「早めにしたいけど、そうはいかず…考え中」という。

 

 「箸が転がっても拾う様な、トンボが教室に入って来ても窓開けて出す様な、明るい家庭に仕上げていきたい。いやさ、命懸けで仕上げてみせます」と古坂。以前からトーク力など多才ぶりに定評はある。結婚を機に、ピコ太郎の活躍とともに、自身の埋もれていた才能もさらに開花させる。

 

 

 

 

また、テリーさんとのアサ芸での対談は以下のようになっています。

 

 

テリー 雑誌の表紙やグラビアでよく見てるよ。生まれは大阪なんだ?

テリー 雑誌の表紙やグラビアでよく見てるよ。生まれは大阪なんだ?

安枝 そうです。23歳の時に上京してきました。

テリー そうか、けっこう向こうにいたんだなぁ。じゃあ、完全に関西ノリだ?

安枝 そうかもしれないです。よく「しゃべり方が大阪のおばちゃんみたい」って言われちゃうので(笑)

テリー あ、ヤンキーだったんだろう?

安枝 いえいえ、“ちょいヤンキー”ぐらいで。茶髪にしてただけです。

テリー またまた、学生時代はさぞかしヤンチャしてたんじゃないの?

安枝 アハハ、そんなことないです。うちの地元はだんじり祭が有名で、学生時代は山車を引くのがとにかく楽しくて。

テリー あれ、ニュース映像で見ると山車が倒れたり、電柱に引っ掛かったりして、すごい迫力だよな。あんなところで暴れてたんだ?

安枝 綱を持ったら人格が変わっちゃうタイプなんです(笑)。

テリー だんじり祭って、いつやってるんだっけ?

安枝 有名なのは岸和田の9月ですけど、私が住んでいた地域は10月の体育の日とかにやってました。お祭は3日間なんですけど、実は7月ぐらいから集まって準備をしているんです。

テリー え、3カ月も前から? 何をやってるの?

安枝 30人ぐらいで、2トントラックを引っ張ったりしているんです。

テリー ハハハ、トラック引っ張るって、昭和の外国人レスラーじゃないんだから(笑)。あ、もしかして本物の山車は大事なものだから、祭りの日しか出しちゃいけないんだな?

安枝 そうなんです。山車を引きながら角を曲がるのを「やりまわし」っていうんですけど、どうすればスピードを落とさずに曲がれるかをみんなで相談したり、練習するんです。

テリー でもさ、2トントラックと山車だと‥‥。

安枝 山車は4トンぐらいあるので、重さは全然違いますね。しかも車輪が木製なので、雨が降ったりしたらもう全然動かないんですよ。その大変さが、なかなかわかってもらえなくて。

テリー いや、俺もわかんないけど(笑)、でも、それが瞳ちゃんの青春だったんだな。

安枝 そうです、めちゃくちゃ楽しかったんです。

テリー そんな環境だと、瞳ちゃんはかわいいから、さぞかしモテたでしょう?

安枝 いやあ、そういう場だから確かに男の子はいっぱいいましたけど、全然モテなかったですよ。

テリー ウソつけ! そんな状況でモテないなんて、ありえないだろう。

安枝 ないです、ないです(笑)。仮に誘われたとしても、当時はお断りしていましたね。私にとっては男の子とつきあうよりも、だんじり祭を盛り上げるほうが大事なことだったんです。

テリー 何だよ、もったいないな。だんじりは瞳ちゃんを抱いてくれないんだよ?(笑)

テリー 資料によると、瞳ちゃんは幼い頃にお母さんを亡くしているんだね。

安枝 はい、10歳の時に、乳ガンで。そのあとはお父さんが、1歳年下の妹と私を、男手一つで育ててくれました。

テリー お父さん、お仕事は何をされていたの?

安枝 ごく普通の会社員です。

テリー 仕事をしながらの子育てっていうのは、家事に慣れない男性の場合はさらに大変だろうね。

安枝 でも、お母さんの入院期間が3年ぐらいあったので、その間にお父さんも料理を覚えて、私が高校に上がるまで、夕食はお父さんが作ってくれてました。

テリー ああ、じゃあお母さんの病気がわかってから亡くなるまでの間に、ちょっと心の準備をする時間があったんだね。

安枝 そうなんです。「あんまり長く生きないかもしれないから」みたいな話をされて、私たちも幼くてよくわからないままに、とりあえず引き継げる家事を引き継ぐ、みたいな感じで。

テリー 掃除とか洗濯とか、子供でもやれるお手伝いをしたわけだ。

安枝 ええ。まだ妹が幼稚園の年長さんとか小1ぐらいだったので、「私がしっかりしなきゃ」みたいな気持ちは、いちおうあったと思います。

テリー お母さんが亡くなった時は、やっぱり悲しかった?

安枝 不思議と、その当時はホントに何にも感じなかったんです。お葬式の時もみんなに「大変だね」って言われたんですけど、特にどうとも思わなくて。お通夜と葬儀の間に1泊するのが、ちょっとした旅行ぐらいの気持ちでしたね。

テリー 子供って、そういうものかもしれないね。ケネディ大統領が暗殺された時も、お子さんは無邪気にはしゃいでいたからな。じゃあ、その悲しさを実感したのはもっとあとになってから?

安枝 そうですね。知り合いのご家族が亡くなられたとか、いろいろな人の話を聞いているうちに、「あ、そうか、私もお母さん、おらんかったんや」って思えるようになってから、悲しさや寂しさを、あらためて感じました。

テリー やっぱり、そういうもんだよね。で、そのあとどういう経緯でこの業界に進むことになったの? 23歳で上京っていうのは、グラドルとしてはちょっと遅いよね。

安枝 はい。まず高校に入ったんですけど、バイトとだんじり祭が楽しくなってきちゃって、「私、何でここにおるんやろう?」と思うようになって。1年の2学期が始まると同時に高校を辞めちゃったんですね。

テリー エー、だんじり祭のために学校を辞めたんだ。それ、すごいなァ(笑)。

安枝 アハハハ、やっちゃいました。そのあと、バイト代で学費を賄って、通信制の高校に入り直したんですが、結局、あれこれ忙しくて、卒業できたのが20歳だったんです。

テリー まあ、卒業しただけでも偉いよ。どんなバイトをやっていたの?

安枝 もう、いろいろです。ガソリンスタンド、ファミレス、居酒屋とか。モロゾフの工場でお菓子をひたすら袋に入れたり、あと、憧れの東京ディズニーランドの代わりに、USJユニバーサル・スタジオ・ジャパン)の中の飲食店でも働きました。

テリー 代わりってどういうこと? あ、関西にいたからか。

安枝 ええ。当時、東京は怖いところだと思っていたので。

テリー いやいや、危険度で言ったら、だんじり祭のほうが断然怖いよッ(笑)。

安枝 それで、高校を卒業してからエステの会社に就職したんです。

テリー しかし働くなァ、まだまだ東京への道は遠そうだ(笑)。

安枝 でも、その会社がもう本当にキツかったんです(苦笑)。お給料も歩合制なので、とにかくお客さんを捕まえないといけなくて、駅前に立って、歩いている人をずっと勧誘し続けて。

テリー ほォ、じゃあ、ちょっと俺をお客だと思って勧誘してみてよ。

安枝 ええ!? じゃあ少しだけ‥‥。「こんにちは! 今ですね、あっちで肌チェックやっているんですけど、いかがですか。みんなにやってもらっていて、無料なので」。

テリー ハハハ、うまい。そんな感じで頑張ってたんだ。

安枝 でも、その会社もすぐに潰れちゃいまして。

テリー ありゃりゃ。

安枝 で、「ヤバイ、仕事しなきゃ!」と思っていたら、たまたま友達が家電量販店でティッシュを配るイベントコンパニオンのお仕事を始めて、私も誘ってくれたんです。

テリー ああ、そこから今の仕事につながるんだ。

安枝 ええ。最初は次の仕事が見つかるまでのつなぎだと思って始めたんですけど、いろいろなところに行けるし、意外に楽しめてズルズルと続けていたら、今の事務所の方に「東京でレースクイーンをやりませんか」と、声をかけていただいたんです。

テリー へえ、ティッシュを配っている時に?

安枝 いえ、その時はオーディションに受かって、車のイベントにモデルとして参加していたんです。

テリー しかし、考えてみるとおもしろいなァ。それまでは「オリャ、オリャア!」って荒っぽくだんじりの綱を引いていたのに、今度は水着姿でハイヒール履いて、傘を持って、みたいになったわけじゃない。まさに人生が逆転したよね。

安枝 最初は意味がわからなかったですね。レースクイーンって、皆さんに「かわいい!」と思ってもらうお仕事じゃないですか。それまでファンの方たちに見てもらったり、チヤホヤしてもらったりみたいなことがなかったので、「何なんだろう?」と、不思議な気分になって。

テリー そうだよな。「瞳ちゃーん!」とか呼ばれちゃうんでしょう?

安枝 そうです。それまでは、ずっと「やっさん」だったんですけど(笑)。

テリー それじゃ、漫才師だ(笑)。お給料だって、全然違うんでしょ?

安枝 そうです、あと労働量も全然違いますよね。1時間ぐらい立っているだけでお金がもらえるなんて、今までのお仕事でなかったので。

テリー 今までの仕事より、やりがいも感じられた?

安枝 はい。ファンの方が応援してくれたり、「いい感じに撮れたよ」って私の写真を持ってきてくれたりするのが、すごくうれしくて。もともと、ディズニーランドに憧れていたところもありましたから。

テリー そうか、どちらもお客さんに喜んでもらうサービス業だもんね。

安枝 そんなタイミングでのお声がけだったので、とてもうれしかったです。

テリー お父さんは、レースクイーンの仕事も応援してくれた?

安枝 ええ、わざわざ一眼レフのカメラを買って、会場まで撮りに来てくれました。

テリー いいお父さんだね。俺だったら「お前の友達のレースクイーン、紹介してくれ!」ってお願いするけどなァ(笑)。

テリー 今や瞳ちゃんはレースクイーンだけでなく、グラドルとしても大活躍中だよね。

安枝 ありがとうございます。イメージDVDもずっとコンスタントに出させていただいて、来月14枚目が出るんです。

テリー えー、すごい! そんなに出してたら、もうネタなんてないでしょう?

安枝 いえいえ(笑)、今度のDVDでは私がエステティシャン役を演じていて、観ている方を施術しているうちに、どんどん話が展開して‥‥という内容になっています(笑)。

テリー へえ、ドラマ仕立てみたいな感じなんだ。じゃあ、「お客様、肩が凝ってますね」とか言いながら、オッパイの谷間をグイッと見せるわけだ?

安枝 まあ、そんな感じです(笑)。でも私の場合は胸よりお尻が売りなので、バックショットがすごく多いですね。

テリー おおっ、確かに言われてみれば、おじさんが好きそうなムチムチのお尻だね。レース場でも、お尻ばっかりカメラに狙われてたんじゃない?

安枝 そうですね。車のイベントってサイン会もあるんですけど、テーブルに色紙を置いて、立ったまま前かがみになって書いていたことがあるんです。

テリー ああ、なるほど。ちょうどお尻を突き出すような体勢だったわけだ。

安枝 そしたら、後ろから私のお尻だけを夢中になってビデオで撮ってる方がいたんです。ショートパンツなので全然大丈夫だったんですけど、その方は熱心にファインダーをのぞいてお尻だけ見ているので、私が後ろを向いて見ていることにもまったく気づいていなくて。やっと顔を上げて私と目が合ったら、「ワッ」と叫んで、逃げていっちゃいました(笑)。

テリー ハハハ、バカだね。まぁ、それだけ瞳ちゃんのお尻が魅力的ってことなんだろうね。で、今後はどうしたいとか、夢はあるのかな? グラビアアイドルとしては順調だけど、もうすぐ三十路に入るわけじゃない?

安枝 そうですね。実は人見知りなんですけど、こういうお仕事でのおしゃべりはすごく好きなので、そういう方向でもう少し頑張りたいなと思っています。

テリー いいんじゃないかな。俺も今、瞳ちゃんと話をしていて楽しいよ。

安枝 ホントですか? あと、今年の夏に初めて舞台をやらせていただいたんです。演出家さんには「下手くそだ」って笑われたんですけど、すごく楽しかったので、演技の勉強はしたいなって思っています。この前のDVDの撮影の時も、反省することが多くて。

テリー DVDって、エステティシャンの?

安枝 はい。カメラの向こうに人がたくさんいると、テレて演技ができませんね。例えば「愛してます」っていうセリフも、そんなのふだん言わないし、相手がいないでそんなことを言うのって難しいなと思って。

テリー 何だよ、「愛してる」ぐらい。俺なんかそんなこと、2週間に1回ぐらい言ってるぞ。

安枝 ええーっ、ホントですか?(笑)

テリー 何言ってるんだよ、瞳ちゃんみたいな女性は、「愛してる」と「抱いて」は常に言っておかないと。

安枝 そんなことを言える相手はずっといないですから‥‥。

テリー 瞳ちゃんは、例え結婚して子供がいても、好かれるキャラクターだと俺は思うけどね。

安枝 ありがとうございます。でもその前に、相手を見つけないとダメなんですけどね(苦笑)。

 

 

アサ芸プラス

以下リンクあります

www.asagei.comhttp://www.asagei.com/excerpt/69768

www.asagei.com

www.asagei.com

www.asagei.com

 

かなり昔のことが詳細にわかります!

 

 

さいごに

 

色々人生あるんだと思いました。しかし終わりよければすべてよし、これからの結婚生活今まで以上に幸せになってください!

古坂大魔王さん安枝瞳さんご結婚おめでとうございます!!

 

スポンサーリンク