【トレンド探偵団】

世の中のありとあらゆるトレンドを追いかける探求ブログです。

松居一代過去の謝罪文の中身は?内容は嘘で離婚回避のサクラ記者がいた?

スポンサーリンク

松居一代過去の謝罪文の中身は?内容は嘘で離婚回避のサクラ記者がいた?

 

週刊文春さんのスクープで松居一代さんが川島なお美さんの死に便乗して、本をPRしたことへの謝罪文を入手しました。

 

これは本日発売の週刊文春に全文が載っています。

一部をトレ探でも取り上げます。

 

また、この川島なお美さんの死を利用した本のPRは松井さんが画策したものだと言う噂がネット中を駆け巡っています。

 

それも検証していきたいと思います。

 

1、文春の謝罪文の内容は?

 

謝罪文の一部ですが

「私の人生にあなたがいないと意味がないのです」
「もう十二分にも反省をしました。(中略)私全細胞60兆で猛反してきました。本当に申し訳なったです。(中略)私を妻ちしてくれたあたなに対して私は、いたらない妻でした」


出典:週刊文春


だそうでう。

 

まあ、コレだけみるとすごく反省しているように見えますが・・・

なぜ今こんなにも船越さんを攻撃しているのか?

それには理由があったみたいです。

 

 

2、謝罪文は離婚回避のための嘘で全く反省していなかった


この謝罪文、実は船越さんが川島さんの死を利用して松居さんがPRしたことを知って激怒し「離婚する!」と決めたことから書かれた文章なんだそうです。

 

要するに、離婚するの嫌だから謝罪文書けば良いんでしょ?って感じのノリで書いたんだそうです。

 

しかも、ずっと続いていた船越さんへのDVや暴言などの謝罪も書かれていたようです。

 

また、船越さんが離婚を決意した川島さん利用事件の際には、船越さんが怒りの電話を松居さんにかけたそうなんですが、松居さんは電話越しに涙ながらに「私じゃないわよ」「私がウソつくはずない」と言って電話を切った後、下を出しておどけて見せて全く反省の色はなかったと目撃者の話が出ているようです。

 

ですが、船越さんが離婚を一切撤回しなかったので、コレではマズイということで今回のような反撃に出たようなのです。

 

結局、芸能界の巨悪が問題なのではなく、ホリプロが問題なのではなく、上沼さんが問題なのではなく、松居さんの要求はただ一つ船越さんに捨ててほしくないだけでしょう。

 

 

3、川島さんの質問記者は松居さんが雇ったサクラ?

 

また、船越さんが離婚を決めることとなった川島さんの死を利用した松居さんの著書「松居一代の開運生活」の出版記者会見で一人の記者が注目を浴びているようなのです。

 

この人は、地方紙の記者で松居さんに船越さんと川島さんの関係を訪ねた人物なのですが、名刺も持たず、その地方紙には出版会のことは取り上げられていなかったようです。

 

深読みしすぎなのかもしれませんが、この記者を松居さんが用意した記者で自身の本を売るためにわざと質問させたのではと噂が広がっています。

 

先程の船越さんの電話との会話も考えてみれば腑に落ちるのではないでしょうか?

 

そして、船越さんが起こっていたのは交際を喋ったことではなく、サクラの記者を使ってわざと質問させ利用したことに怒っていたのかもしれません。

 

松井さんの電話越しでのことば。

「私じゃないわよ」

「私がウソつくはずない」

 

この2つは妙におかしいです。

なんで言ったんだと船越さんに言われて返す言葉じゃない。

 

もしかしたら、

船越「お前がわざと記者にいわせたのか!」

松居「私じゃないわよ」

船越「嘘をつくな!」

松居「私がウソつくはずない」

 

なら、会話が噛み合いますね。

 

真相は船越さんと松居さんのみが知るです。

 

 

4、当時のPRに対してのネットの反応


川島なお美さんが亡くなった後、船越さんがかつて川島さんと付き合っていた、的な事までペラペラ暴露してたよね。で、そういう自分の行いを棚にあげて、自己満足の動画をアップしている松居一代さんはただの「かまってちゃん」にしか見えません。ただただ鬱陶しいです!

松居一代さんがトレンドになっているね。 うちの親戚が、故川島なお美さんと仲良しで、よく聞いていた話なんだけれど。 松居一代さんと付き合う前は、 船越英一郎さんは川島なお美さんと交際していたのだけれど、 松居一代さん略奪。執念が凄くて、ご家族の反対も押し切り結婚。 らしいよ。

松居一代さんが可哀想とはこれっぽっちも思わない! 川島なお美さんが亡くなった時に、本を売る為に船越英一郎と付き合ってました。って言う神経ね! そりゃ船越さんだってそんな無神経な人と一緒に居たくないでしょ!

私が松居一代嫌いになったのは 川島なお美が亡くなってすぐに 「うちの旦那と付き合ってた」発言した事。 せめて亡くなって数年経ってからでしょ。それは鎧塚さんに失礼だろって思って一気に嫌いになった


さいごに


松居さんのサクラステマ疑惑まで飛び出して大荒れの予感です。

相変わらず文春さんのスクープは芸能界を揺るがせます。


文春を読んだ松居さんのブログやユーチューブが気になります。

スポンサーリンク