【トレンド探偵団】

世の中のありとあらゆるトレンドを追いかける探求ブログです。

須藤凛々花会見で解雇決定!詳細速報各社の全文掲載!21日記者会見内容!

スポンサーリンク

須藤凛々花会見で解雇決定!詳細速報各社の全文掲載!21記者会見内容!

 

【緊急】須藤凛々花記者会見内容5ページスッパ抜き!!ぜひご覧ください!!

1ページ目

須藤凛々花会見で結婚相手ファンじゃない強調!返金損害賠償回避策! - 【トレンド探偵団】

2ページ目

須藤凛々花会見でNMBは辞めても芸能界は辞めない!見城がいるから大丈ぶ~! - 【トレンド探偵団】

 3ページ目

須藤凛々花会見で解雇決定!結婚決まってるなら総選挙出るな!怒るファン! - 【トレンド探偵団】

4ページ目

須藤凛々花ヤラセ結婚会見!家族ぐるみじゃい!相手の親にも会ったことない! - 【トレンド探偵団】

5ページ目

須藤凛々花結婚は嘘!彼との出会い時期も適当!とぼけた会見内容でファン激怒! - 【トレンド探偵団】

 

須藤凛々花さんが21日行った記者会見をスポーツ紙等が5時に解禁してきました!

 

 

簡単ですが検証前に全文掲載いたします!

 

(冒頭で自ら)まず最初にお話させていただきたいのは、今回の件でたくさんのメンバーの皆さん、スタッフさん、関係者の皆さん、私の仕事だったりいろんな事に携わってきた方々をお騒がせしてしまったことを、大変申し訳なく思っております。私の口からきちんと説明したくてこのような機会を設けさせていただきました。

 (以下質疑応答)

 ――現在の心境は?

 自分の口から発表するとき、いろんな方面で騒がせてしまうこと分かった上で発表した。発表後、いろんな媒体や直接連絡をもらい反応を知りました。自分が言うときに批判されることを分かっても言いたくて言った。これからどう向き合っていこうか色んなことを相談しながら結局は自分で考えなければならないので言った。

 ――結婚相手は週刊誌に出た人でいいか。プロポーズもされてるか。

 はい。結婚の時期はまだ決まっていない。

 ――プロポーズはいつか。

 今年に入ってから。時期ははっきり言えないが、「卒業してから結婚しよう」という約束をした。

 ――交際はいつから。きっかけは。

 昨年末から。母親の友人で知り合った。

 ――ファンなのか。

 ファンではない。

 ――発言後、相手からどんな反応が来たか。

 「気持ちは変わっていない」と。「一緒に絶対に素敵な人生を歩んでいこうね」と言われた。発表は相手にも伝えていた。

 ――なぜ総選挙の壇上で発表したのか。

 自分の口で絶対に言いたくて。あの場で言うのは凄く悩んだが、ファンには自分の口で伝えたかった。

 ――なぜ総選挙で。NMBの劇場ということも考えられたのでは。

 凄く総選挙は特別なイベント。ファンと一緒と一緒に作り上げるイベントなので、私の個人のことで水を差してしまうと思ったがどうしても言いたいと思い決めた。

 ――多くの人が注目する総選挙だから言ったのか。

 事務所の問い合わせには来ていない。相手には来たという連絡はあった。私から(運営側の)大人に相談した。総選挙だから目立ちたいと言ったわけではない。後で言えると思うが、絶対にスルーだけはしたくなかった。今まで活動も好きな気持ちを大切にすることも真剣にやってきた。スルーしたら、どちらの感情も不誠実にしてしまうと思った。だから総選挙での発表を選んだ。

 ――それだけ結婚を真剣に考えているというのを伝えたかったのか。

 はい。伝えたかった。

 ――近日中に恋愛報道が出ることは聞いてた?

 ネットで騒がれてるのは知っていた。相手に取材が来ていたので自分だと思って、大人に相談した。

 ――20代半ばで医療関係で働く人という報道は間違いないか?

 一般の方なんで詳しくは言えない。

 ――イケメンと書いていたが。

 えっ、そうなんですか。

 ――今後どうするか。

 卒業する方向で考えている。卒業しないという提案も受けたが、卒業しようと思っている。

 ――本当に卒業するか。

 これから決まるが私はそう思ってる。

 ――結婚発表の時に、卒業は決心していたのか。

 言った時は、今後のことは相談する段階。でも“卒業してから結婚する”と約束していたので卒業しようと思っていた。

 

――卒業後の進路は。

 自分がやりたいことはあるし夢を持ってここに入ってきた。夢はあきらめたくない。ファンも一緒に追い掛けてきたので、絶対にあきらめんたい。どんな形でかなえるかは分からないが、それはあきらめない。

 ――夢というのは哲学者か。

 いろんな方法がある。具体的にはっきり言っちゃうと今後どうなるか分からない。

 ――大学受験は。

 個人的にはある。

 ――タレント活動は排除していないということでいいのか。

 目に見える形で届けられるならその選択肢もある。

 ――グループを卒業することに後悔や迷いは。

 (目を真っ赤にしながら)アイドル活動に対してというより、NMBみんなで盛り上げたいという大事な時期だったので、それに対して凄く葛藤があった。割り切れなかったのは“人を好きになったら卒業すればいい”と言われるのはその通りだが、活動も絶対に放り投げたくないというのも本当の気持ち。アイドル人生に悔いはない。NMBに対する思いやファンの絆とか。そういった面で凄く心残りはある。

 ――東京出身。東京に戻りたかったのも理由の1つか。

 それは自分で決めた。

 ――メンバーには相談していたか。

 直接的な話はしていない。

 ――発表後はどうか。

 発表した当日、メンバーにはホテルに全員で集まってもらって話した。あと次の日の撮影で話せるメンバーにはあいさつに行って、謝罪した。メンバーには自分の思いを全部話した。

 ――メンバーの反応は。

 私がスピーチしてる最中、メンバーはネタだと思ってガヤを入れてくれた。無観客になってNMBとして盛り上げなきゃいけないという気持ちをメンバーが持っていたからで、とっさの判断で祝福の声を出してくれた。そういう反応で叩かれて申し訳ない。メンバーは責めることなく話を聞いてくれた。

 ――キャプテンの山本彩の反応は?

 責任を取りたいと言ったが“その道を進むしかないと思う。これからも信念を貫いたら自分の頭で考えな”って言われた。

 ――メンバーは背中押してくれたか。

 メンバーも私にどう接していいか分からない状態。キャプテンもそこを心配している。全員と話す機会を設けたい。

 ――ファンがお金を使ったイベントだ。ファンに向けて言いたいことは。

 本当にアイドルらしくないことをしても支えてくださった。本当に大好きな人をことごとく傷つけてしまった。でも、今までファンの方に接してきた私の日々は全部色あせない。凄い傷つけて批判されて当然のことをしたが、応援してくださったことを忘れずに夢を実現させたい。ずっと向き合い続けたい。

 

――3月に出ないという判断もあったのでは。

 どっちも活動したいという思いはあった。NMBを盛り上げたいという思いがあち、辞退するという選択はなかった。

 ――3月の時点でプロポーズされていなかったか。

 でも、互いにそういう気持ちはあったと思う。

 ――プロポーズは男性からか。婚約指輪は。

 相手から。婚約指輪はもらっていない。好きな人ができた時点で卒業は考えていた。このままほっぽり出せない。凄いこのグループが好き。だから割り切れずにいた。

 ――初めて好きになったというのはどういうところがひかれたか。

 分からないです。初めて会った時から好きだなと思った。でもその好きがよく分からなくて。でも今は、好きってこういうことなんだなって思います。

 ――哲学で解説できなかったという感情か。

 えっ?哲学は、格好良いとかで好きになるわけではない。ただ、好きになるから好きになるってことなので。逆に、哲学で愛の本を読んでて全く理解できなかった。

 ――妊娠は

 してないです。

 ――恋愛禁止というのは頭にあったのか。

 決められたルールではなく、自分の判断に任せられると思っていた。

 ――アイドルが恋愛することにについてどう思うか。

 私はアイドルが好きだった身ですし、好きになるという気持ちが分からなかったときは、グループのことを一生懸命にやっていたら恋愛なんてする暇はないと思っていた。でも、人を好きになって思ったのは、恋愛禁止のルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃないんじゃないかと思ってしまいました。

 ――過去にも恋愛哲学に触れたことはあったが、実際に恋愛してどう思うか。

 今回、騒がれているのはいろんな要因がある。自分にも立場もあるし、応援してくださる方の気持ちもある。そうやって恋をしちゃったからしょうがないって割り切れないのも本音です。

 

17日に開票されたAKB48選抜総選挙で結婚宣言し物議を醸しているNMB48の須藤凜々花(20)が21日、都内で会見を行った。

 ――卒業生から厳しい批判があった。

 このグループを好きで見ていたので、自分の勝手なことで総選挙っていう今まで先輩方が築いてきたものに水を差してしまったことに凄く申し訳ないって思ってました。

 ――批判は予想以上だったか。メンバーにとって自分が考える以上に神聖だったか。

 どんな批判も覚悟はしていた。

 ――自分の口でどうしてもいいたかった思いが強かったか。覚悟があったか。

 そのことを考えたわけではない。でも、今まで活動したことに対し自分の口で言わなきゃという気持ちはあった。

 ――選挙戦の3カ月、結構葛藤はあったか。

 はい。

 ――最終的にいつ言おうと思ったか。

 (結婚を)言わないという選択肢はあの場に限らずなかった。いろんな人と相談して、ギリギリまで「発表したい」を伝えた。

 ――相手の両親にはあいさつは済ませたか。

 相手も結婚前提に伝わっているのは知っていたが、あの場で発表するとは知らなかった。

 ――家族ぐるみの交際だったのか。

 家族ぐるみです。あいさつをしにいってはいないが、相手から結婚のことを伝えている。

 ――結婚してどんな家族を築きたいか

 幸せにしたいと思います。

 ――結婚という言葉にどういうイメージを持っているか。

 それを知りたいなと思っている。初めて結婚するならこの人がいいなと思った。ずっと一緒にいたかったので結婚したかった

 ――相手から辞めないでというのは

 相手は私の意思を尊重してくれてる。タレントでも一般人でもどっちでもいいという考え。

 ――東京と大阪の遠距離恋愛

 そうです。彼が劇場公演を見に来たことはない。

 ――彼が須藤さんを芸能人であることは知っていた?

 最初に会った時点で、母がそう伝えていたかは分からない。

 ――どのぐらい会っていた?

 本当にバラバラ。頻繁に連絡は取っていた。大阪での活動が多かったのであまり会えなかった。あまり外で会わないようにという気遣いはあった。

 

――彼はお母さんの友人と言っていたが、どういう関係ですか。

 あんまりわかりません。

 ――初めて出会ったのはどういう集まり?

 たぶん、お母さんの誕生日会だったと思う。

 ――彼に出会うまで自分が恋愛することは想像していたか。

 アイドルになっていなくても結婚できないと思っていた。恋ができないと思っていた。

 ――出会ったのはいつ頃?

 交際前からずっと知っていた。

 ――お母さんの誕生日会はいつ?

 適当なことを言ってるかもしれません。数年前の誕生日会です。

 ――交際するまでの1年間は自分が恋してると思ってたか。

 はい。人間として尊敬していた。たたずまいが素敵だと思った。あまり説明できないが、あまり下心がなく、目の色がきれいだった。

 ――卒業の時期は。

 まだです。

 ――結婚はいつごろまでに。

 早くしたいというわけではなく、彼と一緒にいたい。結婚はいつでもできると思ってる。時期はNMBの大人と相談して決めます。

 ――残りの活動はどうしたい。

 本当に申し訳ないという気持ちは凄くあるが、それより感謝したい。一生懸命両方やってきたので全力でやっていきたいと思っている。

 ――これだけはやりたいということは。

 メンバー全員とちゃんと話したい。

 ――今後の握手会は大丈夫か。

 はい。いろんなこと言われるのは当然ですし、ちゃんとしゃべりたい。

 ――アイドルとしての財産は。

 人間として凄く成長させていただいた。ここまでアツくなれたり、アツさを共有できるファンだったり、仲間だったり、スタッフだったり、これ以上の仲間は現れないんじゃないかっていうぐらい自分にとって大切なもの。これからもずっとそうです。

 

 

突っ込みどころしかないんですがw、後々じっくり検証していきます!

 

それでは!!!

スポンサーリンク